明日の保証は誰がする?

スポンンサーリンク

やっと土日を土日を迎えるサラリーマンです

セザキです

パケットも使い放題ですし、いつもと違う事がしたくなる

ケータイで映画を観た。Amazonのプライム会員だと

プライム会員なら無料で映画が配信されているんです。アニメ、シーズン系の海外ドラマ、アクション映画など多数

僕が初めてチョイスしたのは

「All you need is kill」

トムクルーズとエミリーブラントが主演の映画でSF系です。

機械生物と人間の戦いで、ある事が原因で主人公にタイムループをする能力が備わる。主人公が死ぬとある一定の時間まで遡って、主人公が全く同じ場所で目覚める。

敵にやられて死ぬと、それは夢だったかの様に目覚るのだ。セーブしたポイントでまた始まるって感じかな

主人公は死ぬ前までの記憶があり、これから起こる未来を予測できる様になる。もちろん。他の人は記憶はないが、機械生物に勝つため、仲間を死なせないため死んでは戻りの繰り返し。

試行錯誤の上で先に進んで行くのだが、、

この映画を観て、自分にも思い当たることがあるなーと思って。睡眠による夢

眠って夢を見ていた時、目覚めると夢で起きていた体験って覚えている事がよくある。

空を飛んだ時とか、橋から落ちた時の感覚とか。

夢なのにあのリアルな感覚

目覚めたときに、あー夢だったのかというあの感覚が映画と似ているなーと思って。

でも僕らには時間は戻すことは絶対にできないのだ

もし大切な何かを失う事が分かったとしたら今よりもずっと大切にするだろうか

誰もが、本当は最後には1人っきりになってこの世を去らなければいけないのは知っているのだ

でも、みんな終わる前までは気にしない様にしているだけで。

誰もが明日を約束されていないのに

誰もが安心しきっている。僕もそう

となりにいる人は明日も間違いなくとなりにいるだろうか

少し考えてみたら、もっともっと大切にしなくちゃなぁと感じる

時間は絶対に戻せない

この気持ちだけは忘れてはいけない

常に、いまこの瞬間が過ぎる

これで良かったのか、そんな後悔をしないよう今を生きなければな