未来の仕事

スポンンサーリンク

最近投資の本を読み始めた。

不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの

岩崎日出俊さん著書

 

当然、投資に関しての本ですが

いま、私たちがしている仕事が10年後、どうなっているのか

また、どういう会社がこの先に伸びていくのかということが

書かれています。主に、ロボット産業が大きく成長して

機械化、自動化されていくだろうと。

 

アマゾンでは、アメリカではドローンによる配達などが実験されていたり

グーグルでは完全自動運転の実験がされていたり。

日本でも自動運転や、自動ブレーキなど日々進化しているように思える

 

そこで私は自分の立ち位置に戻ったとき、この先の10年で

私の仕事は人間が行っている仕事なのか、はたまた機械が人間にかわって

仕事を行うのか。

私たち人間が行っている仕事を機械に任せることができれば

もちろん、その仕事に就いていた人の仕事は無くなるわけです。

それは、一見マイナスなことだろうと思ったけれど

私たち人間が、しなくてもいい仕事をしなくなれば、それだけ人間がするはずだった

仕事の時間が削れるわけだ。

たとえば、家事。おおまかに言ってしまえば

掃除洗濯、食器洗い、食事、運転などを全て機械が自動で行ってくれるとしよう

そうしたら、浮いた時間で私たちは生産的な活動に時間を使うことができる。

 

より生活は、人間の代わりに出来ることをロボットにバトンタッチする時代に

なってきているんだなと考えた。テクノロジーは本当にすごい

 

最終的に何が言いたいのかというと

今の私の仕事では、食っていけなくなる

だから、お金を増やす手段が必要だ。そのために投資をひとつとして考えても

いいのではないかと思った。この本、未来について考えさせられます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です