チーズの置き方はこれ。いぶしぎん失敗哲学

スポンンサーリンク

さあ、前回のいぶしぎん、チーズの失敗から2回目

 

今回は、チップの量、予熱時間やチーズの置き方など工夫しましたよ

まず、チップの量を2グラムほど増やしてみました

これは、食材の量が今回は多めということで

規定量の5gから若干ふやしてみます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下段には、鳥もも肉とウインナーを置きました

鶏肉は、水分を少し抜くために塩胡椒をふってからキッチンペーパーで水気をよく拭き取りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回大きな改善点は、チーズの置き方にあります

前回は薄っぺらのチーズでしたが、大きめのプロセスチーズの下にアルミホイルをひいで溶けても下に流れないようにしてみました

タマゴはうずらサイズから普通の大きさにしました。すでに茹でてあります

野菜はエリンギをカットしておいています。

 

ここで、加熱4〜5分、蓋をしてフチに水を張り3〜4分

通常ならば予熱時間は20分のところ、しっかりと燻製味をだすために25分置きました。

 

結果は、、

 

 

おー!!!見た目はかなりイケてます

水分が多く出ているような感んじで、チーズのホイルに水分が乗っかってます

鳥の水分か、エリンギだと思います。鳥はもっとしばらくおかないとダメなのかなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下段のアルミホイルに油と水分が落ちて溜まっていますね!

 

チーズは前回の失敗に比べると、成功と言えるでしょう!これは上出来です

 

さて、肝心の味は

 

‥ん??スモークが、、強すぎる!!!

エリンギ?水分べちゃべちゃのスモーク味でエリンギ感ゼロ

肉も、スモークのためか全体的に苦味が出ている

 

予熱で5分増やしたおかげか、チップの量をふやしたからか

改善の余地あり!!

 

2人でたべましたが、スモーク味が強すぎて

全て食べきれず残してしまいました

 

んーむずかしい!次回へつづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です