成功者はみんな読んでいる

スポンンサーリンク

最近の読書といえば、コミックばっかりです

コミックは読書じゃない!なんて言葉も昔はよく聞いたきおくがありますが

コミックをよく読むと、キャラクターの発言で、いい事言うなー!!ってシーンもありますし、実際に現実でも使えそうなアイデアとかが見つかるものです。

 

最近に読んだものだと、ブルージャイアントの1巻では、やる気を奮い立たさるような言葉が出てきたり

何も出来ずに立ち止まっている自分に喝を入れるような言葉もたくさん出てきました。練習、練習、練習。そうすると、周りがだんだん認めるんですよね

こういうの、すごくいいなーと思います。誰でも最初は初心者なんですよ

 

こういう漫画をたくさん読んで、モチベーションにするとかもアリだと思います。

もっと漫画読もぅ

 

 

今回は読書について

皆さんの、年間の読書量はどのくらいでしょうか。

2〜3冊?5冊以下?10冊以上?

本って高いですよね、1冊1300円とかしますし

いまでは電子書籍がはやって紙媒体よりも大分安くなっていますが

何十冊も買うとやっぱり出費もかさみます

 

私は、月に10〜20冊以内でしょうか。ジャンルは、ビジネス書あたりがメインで、小説は殆ど読んでいません。

 

読書をする理由

成功者はよく本を読む、なんて言葉を見つけたのがきかけです

それも月に10冊程度ではなく30.40と、多い人は年間の1000冊、、

どんな本を読んでいるかはわかりませんが、高所得という意味での成功者の誰しもが読書をしている事だ、という事でした。

 

では多くの本を読むことは成功することに繋がるのか?

 

読書によって思考や行動、言動の変化や知識が増えて

生き方が変わる

思考力や知識があれば何をすれば上手くいくのかを理解するようになり、行動を起こし結果的に本を読んでいた事によって、やがて人の上に立つような人物になった

という繋がりでしょう。

確かにそれはそうだと思いました。人の上に立つ人は、知識、行動、思想があってこそ人の指標になると思います。その能力が無ければ、何かを理由に上に立てたとしても失墜は時間の問題でしょう

 

成功者している人は、本を読むことで知識、自分の思想、行動力を得ている

それが出来れば、自ずと何をすれば上手くいくのかが理解出来て、結果成功者の立ち位置まで上がれるのではと考えた

 

多くの本を読んで、成功者できる可能性があるのならば、やってみても損はない

 

成功者の誰しもが読書を習慣にしていることは事実なのだから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です