残業をしない勇気

スポンンサーリンク

こんにちは、セザキリョウタです。

 

残業についてしばし考えることがあります

毎日1時間の残業をすることによって
5万くらい給料が変わってくるわけです。

しかしよくよく考えてみると、ぼくの通勤時間はドアドアで2時間かかります。
仕事が定時の7時に終わり、家に帰り9時になる。夕飯と風呂に入り、10時。そこからようやく自分の時間として使えます。

自分の時間にはブログを書いたり、調べ物をしたり、本を読んだり。
遅くても深夜1時には寝る様にします。
時間として2時間〜3時間です

朝は7時に起きるのでおよそ6時間の睡眠です。この6時間のラインが守れないと翌日の仕事が眠くて、パフォーマンスが落ちます。

さて残業の話に戻ります。
ここで毎日1時間の残業をするとします
もちろん、無駄な残業ではないという前提です

時間として使えるのは6時間の睡眠を確保するためには1時間〜2時間に減ります。
ぼくの場合、ブログは1時間で書き終われる事は少なく、書き上げたら深夜1時を過ぎることはざらです。

1時間残業をすると、当然いつもより疲れは溜まります。その疲れは自由時間の体力にもつながるので、結局はお金を取るのか、自分の自由時間を取るのかという選択になります。

僕たちが生きるためには
どのくらいのお金が必要なのかと考えたこともないのに、ただ毎月振り込まれるお金を漠然と使い、また働き、暮らしてゆく。

満足していないとは言いません
でも、ふと立ち止まってみると
勝手に自分で社会に対して、尽くしすぎて奴隷的になっているのではないかと思うんです。

ここで子供を授かり、苦労して育ててゆく
家を買い、ローンを組む。
そこで、あっという間の20年が経ち
ぼくは50歳。そこから10年も経てば向こうの世界に旅立つ準備を考えなければならない

今から60までの30年間、ぼくは何をやってきたんだろうと、きっと後悔をする
あの時、もっと自分の時間を大事にしておけばよかった
あの時、もっと彼女と一緒に入れる時間を大事にすればよかった
親にもっと感謝して、親孝行してあげられればよかった

きっと後悔するのは
お金がもっと稼げていれば、というよりも
もっとあの時、こうしていればという時間とか体験の事だと思ったんだ

だから、ぼくは残業で稼げるお金をのかわりに
自分を大切にする時間にしたいと思う
彼女を大切にする時間にしたいと思う
家族を大切にする時間にしたいと思う

きっとこの時間は、残業した、たかが5万円くらいのお金じゃあとても買えないし、割に合わないと思う。

1分を大事に出来る人は、沢山いないし、難しいと思うけど
1時間を大事にすることは難しくないと思う。

みんなは、もし明日が来ないとしたら

1時間を何に使いますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です