リスクを取らないという最大のリスク

スポンンサーリンク

こんばんは、セザキリョウタです

 

株式投資について、読んでいる本があります

ウォール街のランダムウォーカー、株式投資の不滅の真理

この本は、先日に読んだ

不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの”岩崎日出俊さん著書で

巻末の付録に載っていたもの。投資について勉強したいと思った時の岩崎さんがお勧めする本の1冊に入っていたものです。

 

投資について勉強し始めた中では、専門用語もでてくるので調べながら、理解しながら

読み進める必要があります。投資の歴史がどのように動いてきたか、プロのファンドマネージャーがいかにして利益を上げ、またその方法がいかに曖昧か、、など

短期売買よりも、インデックスファンドを長く保有している方がはるかにパフォーマンスが良いという、さまざまな角度から投資の方法を研究したひとつの答えがこの本に書かれています。

 

銀行に貯金として持っているだけではもったいないという声と

リスクを冒してまで、運用して損をしたくないという声がある

しかし、考え方を変えると”銀行に預ける”ということも投資をしていることに

なります。なぜなら、銀行は私たちが預けた預金でお金を運用してお金を増やしている

この銀行預金にはたしてリスクはないのだろうか?銀行が倒産することはないだろうか?

もしあるとすれば、僕らが預けている預金は全て保証されるのだろうか?

答えはNOでしょう。株式投資にもそれなりのリスクが存在します。投資の仕方を間違えれば

元本がマイナスになる可能性もあります。しかし、しっかりとリスク回避の方法を学んでいけば投資によって少ない積み立てでも、おおきな資産を築ける可能性が期待できる

 

僕らの給料は全然上がらないし、年金ももらえるか分からないし

でもお金が必要です。でもお金を増やす方法はあります。お金について勉強してみませんか。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です