クラウドソーシングで自分の未来は変えられるか

スポンンサーリンク

  1. セザキリョウタです

おはようさんです。

 

 

クラウドワークス、ランサーズっていうサービスがあります。

ざっくりいうと、パソコンだけで完結できる仕事があって

誰でも登録できで、仕事を受けることができます。また仕事を任せたい人も仕事を登録することができます

 

例えばライティングの記事を書いたり、インターネットサイトをデザインしたり立ち上げたり、WEB関連の仕事ならば多くの仕事を見つけることができる

そしてWEB関連の仕事をしている人もまた、外注というアウトソーシングの形として

求人として仕事をしてくれる人を募集できる仕組みです。

 

 

この仕事として魅力に感じることは、パソコン1台あれば仕事ができる

場所、時間を選ばずに仕事ができることだ。転職をしようと思っても、どうしてもネックになるのは通勤。

通勤さえなければ心にも、時間にもゆとりが生まれて

自分が思うような時間の使い方ができるのではないか

 

ただ、現段階で素人にでもできる仕事としては、簡単な記事の作成や

タスクと言ってアンケートや、ツイッターやFACEBOOKを使った簡単な発信をするという

案件。1案件5円とか記事のライティングに関しては1件100〜300円といった報酬ざらで数をこなしても小遣い程度にしかならないという点

実績を積めば、依頼元から継続的なオファーがあるのかもしれない。

 

実績を積んでナンボのライティングだと思うけど、例えば100円の記事を何分で書き上げるかと考えて1時間で書き上げるとすると時給100円となる。

ここでライティング技術を磨くために、時給のほんのわずかなお金をもらって書くのか

はたして自分の能力を鍛え上げるために必要な努力なのか疑問になる

 

全くのど素人が手を出しても、結局のところ時間を消費するばかりで

ちっとも自分の将来の道にならないのではないかと考えてしまう

 

では、小遣い稼ぎではなく本業となるような仕事、それもパソコン1台でできる

リモートワークを中心として考えていくときに会社に勤めるか、あるいはフリーランスとして働いていくか。パソコン1台でも、様々な仕事があるしライティングやWEB製作だけではない

ライターでフリーランスというと、即座に収入の安定と不安定が天秤になり、ライターとして技術がつくまで時間がかかるのは目に見えている

全くのフリーでやっていくのは、本気で取り組まないと無理である

結局はここが一番大事で

何事も本気で取り組まないと、金にならないし第一におもしろくない

 

クラウドワークスや、ランサーズ。本気でやってみれば完全にリモートで働く未来は近づく

本気でやれないようなら、素人は早いところ考え改めて、いち今の会社で頑張りなさいと言ったところか。

考えてみても、これで食っていこうなんて甘いか。

どうも、まだ火がつかない。本気になれなくて動けずにいる自分にムチ打って動かさなければと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です